スポンサード リンク

2015年07月11日

へんしんバイクの口コミ コレいいです!!3歳で補助輪なし自転車デビューしました!

最近、いわゆるバランスバイクに乗っている2、3歳の子、多いですね。
自転車OKの公園に行ったら、そこら中バランスバイクだらけ。
やっぱりストライダーが一番人気なのでしょうか。よく見かけます。

でもでも、私のお勧めは絶対に「へんしんバイク」です!!
だって、うちの子は「へんしんバイク」を買って3か月もしないうちに
なんとなんと補助輪なし自転車デビューしてしまったんですから!!

うちの子、決して運動神経がよい方ではありません。
実は、三輪車には乗れませんでした・・・。
乗れないというか、漕げなかったんです。
なのに、三輪車をすっ飛ばしてしまい、早々に自転車デビューしちゃいました。
3歳半の頃のことでした。

これは全て、「へんしんバイク」のおかげだと思っています。
なので、ぜひぜひこの感動を多くのママにも味わってもらいたいなって思います。

『へんしんバイク』と他のバランスバイクとの一番の違いは、
「ペダルを後付けできる」ということです。
バランスバイクから自転車へと「へんしん」するわけです。
はじめから、ペダルも一緒に箱の中に入っています。

私が『へんしんバイク』を選んだ理由は、このペダルが付いているということでした。
最終的には自転車に乗れるようになってもらいたいわけですから、
「今だ!!」と思ったときにすぐに自転車に変身させられるというのはかなり魅力的です。
それに、子供も自然と「いずれペダルをつけたい」という目標を自然に持つようになります。
後で自転車を改めて買わなくても済むので経済的ですしね。

それではうちの息子がどのようにして自転車デビューしたのか、
その経緯を振り返ってみたいと思います。

【〜2014年クリスマス〜 ばぁばに「へんしんバイク」を買ってもらう】

クリスマスプレゼントとして、12月の24日にばぁばに「へんしんバイク」を買ってもらいました。
男の子らしく青を選びました。フォルムもとっても素敵。
ちょっと安めのバランスバイクにありがちな「安っぽさ」は全然ありません。
後に自転車として使うことになるだけあって、けっこうしっかりしています。
玄関先に置いておいたら、ご近所の方々にも「かっこいいね!」「こんなのあるの?」と
とっても好評でした。


【はじめの3日間 12月24日〜26日】
とっても楽しそうに乗っていましたが、
漕いでいるというよりも、お尻をサドルにのせて歩いているという感じでした。
車体に慣れるという意味で、その状態で思う存分遊ばせました。
器用に歩き、カーブも上手に曲がります。
三輪車に乗れなかったのでちょっと心配だったのですが、
苦手なペダルのない「へんしんバイク」のペダルなし状態は、
うちの息子には楽しくてしょうがなかったみたいです。

まだうちの子が乗る前に、公園などでバランスバイクに器用に乗っている小さな子を見て
「すごいなぁ」と思っていましたが、
やってみればうちの子にも出来ました。
バランスバイクにまたがって歩くように漕ぐことは、子供には難しいことではないようです。

【1週間後 大晦日】
相変わらず「スイ〜スイ〜」とは漕げませんが、
ちょっとずつ足が地面から離れる時間が長くなってきました。
まだ「こうしたら?」などとアドバイスはせず、
子供がやりたいようにさせていました。

【2〜3週間目 1月上旬ごろ】
このころから、「足を地面から話してビューン!ってすると面白いよ」とアドバイスし始めました。
はじめは足を離そうと意識するとお尻がサドルから浮いてぴょんぴょんしたりしていましたが、
次第にコツをつかんだようです。
だんだんスピードアップするとともに、足が地面から離れる時間もより長くなっていきました。

【1ヶ月〜2カ月後 1月下旬から2月下旬ごろ】
とっても楽しそうに乗っていたので、またしばらく見守りました。
次の段階にステップアップすることはせずに、子供が楽しいように自由に乗らせました。
この時期、地面を蹴って両足を浮かせた状態で進めるのは2〜3秒、
距離にして5〜10メートルほどだったと思います。
でも、常にそんな風に進んでいるわけではなく、
たまーにそれぐらい進むという感じでした。

【約2カ月半後 3月5日】
バランスバイク状態で乗るのにも少々飽きてきた感じがあったので、
思い切ってペダルをつけちゃいました!!

ところが・・・
ここで三輪車の時と同様「ペダルの壁」にぶち当たりました。
ペダルを漕ごうとしても、後ろ回しになってしまう・・・。
ペダルに足を乗せると転んでしまう・・・。
ペダルを前に踏むのが相当難しいらしく、
そして私もどうやって教えたらいいのかよくわからず、
ちょっとブルーな感じのペダルデビューとなりました。
さっきまで乗れていた自転車に乗れないもどかしさと悔しさが、
ママにも痛いほど伝わってきました。

【ペダルをつけて2日目 3月6日】
やっぱりペダルは漕げません・・・。
でも、バランスバイク時代に養ったバランス感覚は確かなものでした。
たまーに上手くひと漕ぎしたら、2漕ぎ目はできなくてもそのまま漕がずにシューっと進んでみたり、
ペダルはついているけれどバランスバイクのように漕がずに進んでみたり、
新しい楽しみ方を見つけたという感じでした。

バランスバイクの乗り方の説明に書いてあったように、
ハンドルとサドルに私が手を添えてみたりもしたのですが、
子供が嫌がったのですぐにやめてやりたいようにやらせました。

そして、1時間ほど遊んだ頃、
それまでたまにひと漕ぎしかできなかったのが、3漕ぎぐらい出来るようになりました。
「ぐるぐるぐる!ってなってたよ、すごいね〜」というと、子供はかなりご満悦。
なかなか帰ろうとせず、真っ暗になっても遊び続けました。

【ペダルをつけて3日目 3月7日】
この日は土曜日。
パパも一緒に3人で自転車の練習に行きました。
まだ、たまーに上手くいくと3漕ぎぐらいできることもあるという感じでしたが、
だんだんペダルを漕ぐという感覚がわかってきたようでした。

どうしてもペダルに足を乗せることに気を取られてしまって下を向いてしまいバランスを崩すので、
「いっぱい地面を蹴ってスピードが出たら前を向いたままペダルに足を乗せようね!」と、
一応アドバイスしてみました。
はじめはなかなかペダルの位置が感覚的にわからずにいましたが、
次第に足を乗せられるようになってきました。
自転車が止まっている状態からペダルを漕ぐのは相変わらず難しかったようですが、
ある程度スピードが出た状態ならなんとか漕げるようになってきました。

桜の木がたくさんある所で練習していたので、
「あと2週間ぐらいで桜咲くんだよ。そのころには乗れてるといいね。」
なんて3人で話していました。
心の中では「まぁ、無理だわね・・・」と思いながら・・・。


【ペダルをつけて4日目 3月8日】
この日、バランスバイクの販売元である「ビタミンファクトリー」主催の
「30分で乗れる自転車教室」に参加しました。

内容はというと・・・

まず、ペダルのないバランスバイクの状態で練習エリア内を何周かして
バランス感覚を身につけます。
だいたい上手に乗れた子は、その後ペダルをつけた自転車に乗ります。
保護者がサドルとハンドルに手を添えた状態で直線を1〜2往復。
その後、途中で添えていた手を離します。
ここで、乗れる子はもう乗れちゃいます!!

うちの子は、親に手を添えられるのが嫌で仕方なかったようで、
不機嫌なまま講習を受け、結局乗れないまま終了となりました。
「昨日の練習の方が上手にできてたねぇ」と思いつつも、
「上手だったね!かっこよかったよ!」と褒めまくって必死に機嫌を取りました。

うちは、自転車教室の前に既に家でペダルをつけて練習してしまっていましたが、
もしかしたら自転車教室ではじめてペダル付きに乗った方がうまくいったのかも・・・と
思ったりもしました。

【自転車教室後初めての練習 3月12日】
保育園が休みだったので、午前中から練習しました。
自転車教室を終えたものの、特に変化はなく、3月7日の練習の時のような感じで、
たまにまぐれで漕げるかなぁという感じでした。
たまたま会った知り合いに
「もう乗れるの??」と聞かれましたが、
「まだまだよぉ・・・やっぱり難しいねぇ」と答えたのを覚えています。

しかし、その直後に大きな変化が!!
急にコツをつかんだのか、突然「ぐるぐるぐるぐるぐるーー!!」と
上手にバランスを取りながら数十メートルほど漕いで進めたのです!!

親が見た感じでは特に上達したように見えなかった自転車教室でしたが、
実は子供にとっては何か大きなきっかけとなっていたのかもしれません。
技術的にというよりも、精神的なきっかけだったのかな、と思います。

すぐに乗れてしまった子を見た衝撃、
ちょっと練習していったのに乗れなかった自分、
きっと何か思うところがあったのでしょう。
私が知り合いの人に言った「まだまだよぉ・・・やっぱり難しいねぇ」という言葉も
実は刺激になったのかもしれません。

一度コツを得たら、子供の上達は早い!!
みるみる上達し、
さっきまで「まだまだかなぁ」と思っていたのなんて嘘であるかのように、
スイスイと乗れるようになっていました。

その日の練習の後に会ったお友達のママに、
「もう自転車のれるの!」と自慢げに話していた息子。
わたしも胸を張って「そうなのよ。もう補助輪なしに乗れるのよ!」と言えるまでになっていました。

というわけで、
見事に桜が咲く前に自転車に乗れるようになりました!!


いかがでしたでしょうか?
三輪車が漕げなかった息子も、3歳半で自転車デビューできました。

公園へ行くと、自分より大きい子たちが補助輪付きの自転車で遊んでいる横で、
まだちっちゃい息子がスイスイと得意気に自転車に乗っています。

乗れるようになってから更に4ヶ月ほどが経過した現在、
すっかり運転も安定してきました。

バランスバイクに乗っている同じぐらいの年の子はたくさんいても、
ペダルが付いた補助輪なし自転車に乗っている子はまだまだ少ないです。
お友達より随分早く自転車デビューできたことは、
息子にとってきっと大きな自信になったと思います。

もしペダルを後付け出来ないバランスバイクを買っていたら、
きっと今頃はまだ自転車に乗ることなんて考えてもいなかったと思います。

ただ楽しんで乗るというだけでなく、ペダルをつけるという次の目標に向かって進めることは、
へんしんバイクのとっても優れた点だと思います。

ぜひお子さんと一緒に自転車デビューを楽しんでくださいね!


posted by うぴまま at 09:51 | Comment(3) | 赤ちゃん子供グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

トイレトレーニング・オムツはずしはいつから?トレーニングパンツは必要?

子供が2歳ごろになると、そろそろオムツはずしが気になってきますよね。
アンケートなどを見ると、2歳の前半ごろまでにはずれる子が多いとよく書かれていますが、
実際に周りの子たちを見るとそんなに早くないのでは・・・?というのが実感です。

今、うちの子は3歳で年少さんなのですが、
クラスの中にはまだオムツをしている子もけっこういます。
とはいっても、トイレには行くけれど念のためオムツをしているとか、
お昼寝の時だけオムツとか、そんな感じではありますが。
早生まれの子なんかだと、年少さんでもまだ念のためオムツの子はけっこういます。

うちの子は2歳半ごろにはずれましたが、お友達と比べると早い方でした。
時期がくれば必ずはずれるものなので、焦る必要はないと思います。
とはいっても、オムツはずし真っ最中の頃は、どうしても焦るものなんですよね。

オムツのはずれ方は子供によって様々だとは思いますが、
参考までにうちの子の場合を振り返って書いてみます。

まず、トレーニングを始めたのは2歳3カ月ごろ。
そろそろオムツのサイズがワンサイズ上になりそうで、
コスト的にもちょっときつい・・・という思いもあり、開始しました。
時期は悪く、これから冬という頃でした。
家の中ではオムツはせず、トレーニングパンツに切り替えました。
そして、オマルを設置。

もう言葉もちゃんと通じていたので、オマルでおしっこをするということは理解できていたはずなのですが、
これがなかなか難しく、一向にできるようになる気配はありませんでした。
おしっこが出そうな時にオマルに座らせるものの、おしっこは出ません。
結局、パンツにジャーッとしてしまいます。

1ヶ月ぐらい続けてみたものの成長がみられず、床掃除やパンツの洗濯が大変なだけだったので、
一度諦めました・・・。

そして、それから1ヶ月ほどたったころ、オマルではなくトイレでする練習を始めました。
本人が「トイレの方がいい」と言ったからです。
冬場で寒かったので、トイレよりも暖かい部屋においたオマルのほうがいいかな?と思ったのですが、
本人の思いは違っていたようです。

まずは、トイレに座った時におしっこを出す練習から。
何度も何度もめげずに座らせて、2週間後ぐらいにようやくちょこっと出ました。
大げさにほめてみました。
しかし、その後もトイレに座らせたときにおしっこが出ることは多くなったものの、
自分からトイレに行くと言うことはなく、基本的にはおもらしでした・・・。

「これは時間かかるわ・・・」と毎日パンツを洗い床を拭きながら覚悟を決めたころ、
あるきっかけで突然子供のオムツがはずれる日が訪れたのです!!

そのきっかけとは・・・

息子がトイレトレーニングを始めて3か月ほどたったころ、
実はうちで飼っていた犬が病気になってしまい、犬用のオムツを履くようになったのです。
それを見た息子は、
「○○(犬の名前)ちゃんは病気だからオムツはくの。
でも○○(息子の名前)は病気じゃないからオムツはかないの。」
と言い、それ以降しっかりとトイレに行くことができるようになったのです。

結局は、本人の気持ちだったんですね。

うちの子はかなりの甘えん坊で、2歳を過ぎてもママのそばを離れられず、
私が洗濯物を干すためにベランダに出るだけで泣いてしまうような状態でした。

だから、おしっこを失敗してママがお世話してくれることが、
抱っこしてトイレに連れて行ってくれることが、
もしかしたらちょっと嬉しかったりしたのかもしれません。

でも、病気でオムツをした犬の姿を見て、
意識が変わったのでしょう。

苦労はしましたが、はずれるのは突然でした。

知り合いの女の子は、まだ何のトレーニングもしていないのに、
たまたまお友達がかわいいパンツを履いているのをみて
「私ももうオムツはイヤ!!」と思ったのか、
その日に突然トイレに行けるようになったそうです。

おしっこの感覚がある程度あいて体の準備が整えば、
あとは本人の意識次第という感じがします。

トレーニング中は何かと大変で不安にもなりますが、
そんな時期もいつの日か大切な思い出となります。
頑張ってくださいね!!

ここでひとつ、アドバイスがあります。
トイレトレーニング中によく使われるトレーニングパンツですが、
あれは正直なところ、必要ありません。

だって、たとえ6層のパンツであろうと、
ジャーッとしてしまえば漏れるんですから。床までびしょびしょです。
層が厚いものは、もこもこして感覚もオムツみたいですし・・・。
それに、分厚いトレーニングパンツは、乾きが悪くて大変です。
だからといって2層や3層のトレーニングパンツでは、ほぼ普通のパンツと変わりありません。
薄い綿のパンツを大量に用意するのが一番!!
値段も安いですし、洗濯も楽ですし、いいことだらけです。

トレーニングパンツは、もうほぼトイレに行けるようになったときに使うものだと思います。
ほぼ完璧にトイレができるけれど、外出中などでちょっと間に合わなくて少しだけ漏れちゃった・・・
というような時なら、トレーニングパンツを履いていると安心です。

でも、やっとトイレに行けるようになったら、
楽かといえばそうでもないんですよね・・・。
外出時には常にトイレに行かせることを考えておかないといけませんし、
念のため常に着替えも持ち歩くので、オムツがなくなっても荷物は減りません。
まだ体が小さく外出先でのトイレに一人で座るのが難しいうちは、
ずっと押さえておかなければいけません。
「オムツ履いてれば楽なのにな・・・」なんて思ったりしてしまいます。

成長して出来ることが増えても、常に新たな課題が湧いてくるのが子育てなんですね・・・。





posted by うぴまま at 04:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。